花粉症皮膚炎の化粧品(つつむ)はしみない!濃厚保湿

花粉症皮膚炎の化粧品(つつむ)はしみない!強力保湿

顏が赤くなる、
皮膚がボロボロ剥がれるなど、花粉症皮膚炎は女性にとって大きな悩み。

化粧水をつけるとヒリヒリしみるし、

かといって何もしないと顏が引きつるし、赤くなったところもひどくなる一方。

SPONSORED LINK

花粉の時期は敏感肌やアトピー症状がある肌質の人にとっては最悪の季節です。
花粉によりアレルギー症状がよけいにひどくなってしまいます。

その理由は敏感肌の人は顏を覆っている自然にできる皮脂と水分が合わさった膜(皮脂膜)が破れていて機能してないからです。
だから直接外の汚れが付着して痛い、ひりひりするなどの症状がでるのです。花粉のアレルゲンの影響でなおさらです。
またこの時期は黄砂などの汚れも肌に大きく影響します。

花粉症で鼻水がでたり目が充血する人でも顏に影響がない人もたくさんいます。
それは皮脂膜が肌の内側をきちんとガードしているからなんですよね。

肌は皮脂膜が外敵を遮断する第一の砦です。
その下に角質層があります。
角質層は薄い膜の層がきれいに重なっていてその隙間を水分が満たしています。
潤っている状態です。

皮脂膜が剥げている人は角質層は乱れてぼこぼこです。
蓄えてある水分も蒸発してしまっています。肌の本能として正常になろうと新しい角質を生成しますが、水分もないため未成熟な状態で剥がれてそれがボロボロ落ちるんです。
肌はだんだん薄くなって余計に乾燥、真皮にあるコラーゲンまでにも影響します。

   このままでは肌が危ない!

敏感肌にやさしい低刺激、超保湿の化粧品つつむとは

花粉症皮膚炎の化粧品(つつむ)はしみない!強力保湿

トラブルのない普通の肌の人ならいろいろ化粧水や化粧品を選べますが、敏感肌や炎症を起こしている肌の人はそれができない。
刺激が強すぎると余計に皮膚に負担になってますますひどくなります。
それはもう何回も経験しているのではないでしょうか。

ヒリヒリしみない化粧水をつけたとしても付けた瞬間は潤いがあるように思えても一向によくならない。
それは保湿がたりない証拠です。

敏感肌で皮膚の水分がない乾燥肌の人にはヒリヒリ浸みないだけでなく乾燥肌を改善する保湿が重要なカギなんです。

ポーラ化粧品には敏感肌の人専用の化粧品シリーズ「ディセンシア」があるのをご存じですか?

刺激がなくて保湿効果が高いシリーズです。

特につつむという強力な保湿の化粧シリーズがおすすめです。

>>>敏感肌に超保湿「つつむ トライアルセット」はこちら

ディセンシア つつむ化粧品とは

皮膚を普通の状態に戻すにはまず保湿することが大事です。
化粧水は浸みてひりひりしない刺激がないことが第一条件です。
次に保湿です。

ポイント1.
花粉症皮膚炎の化粧品(つつむ)はしみない!強力保湿

化粧水(つつむローションセラムE)にはヒト型セラミドという人が持つ成分にもっともちかいセラミドという保湿成分を配合しています。でも通常のヒト型セラミドは分子が大きいから角質層の下まで入っていけません。
それをナノカプセルに閉じ込めることで極小サイズにして皮膚に浸透させ質層の内側や端まで潤いで満たします。

ポイント2.
tutumu-3

角質層の水分を補充しても皮脂膜が破れて機能してませんよね。そこでつつむフェイスクリームに皮脂膜の変わりになる機能を追加しました。
保湿成文を含んだ膜(ヴァイタサイクルヴェールR)でこれはポーラ化粧品の特許なんです。

顏を膜でつつむことで保湿ができて肌のバリア機能を正常に戻すやり方です。

ディセンシア つつむの成分と使用感について

しかし敏感肌の人にとって化粧品に含まれる添加物が気になります。
つつむはアルコールや香料、紫外線吸収剤は不使用、さらに皮膚科医立会いでテスト承認済みです。
無臭です。

化粧水(ローションセラムE)はとろみがありますが、顏にぬるとべとつきは感じられません。
潤いたっぷりでよく伸びます。
使用感として肌がつつまれるような感じです。

その後にクリームを塗ります。
こちらも濃厚なタイプのですが、変にべたつくこともありません。顏に膜を張る感じで潤いをキープします。
普通のクリームより保湿成分が豊富です。

朝起きた時の肌がもっちり。
一晩たった時の肌状態でこんな体験した人が多いんですよ♪

つつむのトライアルセットは2週間分となっています。
化粧日は正直いって使って2、3回程使うぐらいではどんな感じかはつかめません。
しかも敏感肌で顔が炎症を起こしている人にわかるわけはありません。

つつむは2週間分です。これだけあれば充分に試せますね。

また、皮膚科へいって肌改善のため塗り薬をもらうとします。回復は早いかもしれませんが、ステロイド系の塗り薬は危険なこともあります。十分注意して使用をし、良くなった兆しがあればすぐに塗るのを中止する必要もあります。
ではその後の肌はどうですか?

潤いはもどりますか?正常な人の肌になれますか?

そういった点から考えても敏感肌用の化粧品ならずっと継続して使うことができます。
肌のターンオーバーは正常な人で28日ほどかかります。敏感肌で肌にトラブルを持った人ならそれ以上にかかります。
その間も化粧品ならずっと使い続けることができます。

【つつむ】を使った感想

  • 乾燥肌で諦めモードだったけどめずらしくしっとりしたのには感激でした。
  • 朝起きた時の顔色も明るくなった。
  • 続けて使っているうちに顏にハリがでてきた。
  • クリームというよりは、バーム?ワセリンみたいな感じ。浸透するときに時間がかかるけどちゃんと入ってます。
  • フェイスクリームは濃厚タイプでも変にべたつくこともないけど、朝に使用は不向きかも。

肌は正常な状態でも年々水分の保有が減少する傾向にありますが、つつむは保湿重視の化粧品です。
たっぷりの保湿で敏感肌でも潤いのある若々しい肌に、花粉皮膚炎からもトラブルが発生しない肌に育てたいですね。

つつむフェイスクリームは使用感(濃さ)によって3タイプあります。どれも試してもらえるようにセットに入っています。
アヤナス RCローション&ASクリームというのはつつむより保湿を軽くした年中使える人気のシリーズなんです。もしつつむの保湿が重いようならアヤナスを試して!という感じで1回分のお試しがついています。

つつむのトライアルセットは30日間返品保証付きで、使った後でも合わない場合には返品できます。
花粉症皮膚炎などトラブルに悩むなら一度肌をリセットするつもりでつつむのトライアルセットを使ってみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

>>>敏感肌に超保湿「つつむ トライアルセット」はこちら

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
固定ページ
アーカイブ
タグ

ページの先頭へ